【佐々木文俊013】投資用に購入した収益マンションの任意売却

住宅ローン難民になるのは何も自宅所有者に限ったことではありません。ローンで購入した投資用マンションでも同様の事態に陥る可能性があります。
投資用マンションの場合、入居者から支払われる家賃を金融機関から借り入れたローン返済に充て、ローンを完済すればそのマンションは所有者の資産になりますが、入居者が見つからない(空室リスク)、家賃相場が下がる(家賃変動リスク)等の問題が多く出てくると、家賃収入が不足し所有者の持ち出しが発生するようになります。
複数の部屋あるいは一棟投資になるとそのリスクは更に高まります。
一棟購入では、不動産会社とサブリース契約を結び30年間の家賃保証をするため一見安心と思われがちですが、多くの場合、その家賃は契約書に書いてある5年毎の賃料改定の見直しにもとづき大きく減額されていくことになります。それ以外にも修繕費用や固定資産税の支払いが発生します。
更に言うと、その不動産会社が倒産してしまうと家賃保証は途絶え、たちまちローン返済はできなくなってしまいます。入居者との契約やマンション管理など煩雑な業務まで所有者が直接に抱え込むことになってくるのです。

マンション投資には私的年金形成、生命保険替わり、相続税対策、資産形成としてのメリットが期待できる反面、様々なリスクがありますので購入にあたってはよく検討しましょう。
投資用マンションのローンの支払いが難しくなりそうな方や、すでに毎月持ち出しが発生しているような方は、すぐにでも住宅ローン難民エールプランナーにご相談ください。

Filed under: 住宅ローン難民,横浜青葉:基地 — 佐々木 文俊 3:19 PM

PAGE TOP