【阿部理恵017】銀行以外の抵当権が付いている場合の任意売却

Q住宅ローン以外の抵当権、例えば個人からお金を借りた際の抵当権がついていても、
任意売却はできますか?

A結論から言えば、できなくはないです。

債権者が金融機関であれ個人であれ、抵当権の効力は同じです。
任意売却ができる条件として、抵当権者の承諾が必要でした。
抵当権者が承諾してくれれば、任意売却はできます。
抵当権者が承諾してくれなければ、任意売却はできません。

抵当権者が金融機関なら、
競売よりも高値での売却が望める任意売却について、
承諾してもらいやすいです。
しかし、抵当権者が一般企業や個人の場合で、
抵当権者と債務者の間に「感情」が介入しているケースは厄介です。

抵当権者と債務者との間で何か揉め事が起きていたり、
返済が出来ないのなら回収する分が少なくなっても競売で進める、
というような感情的な考え方になってしまっている抵当権者の場合は、
任意売却に承諾を得ることが出来ません。

このようなケースは、債務者から誠意を見せて、
競売によることの双方のデメリットや任意売却を承諾してくれた場合のメリット、
任意売却後の残債の返済計画を含めた今後の生活再建プランなどを、
感情面に訴えかける必要があります。

必要であれば住宅ローン難民エールプランナーが
抵当権者と交渉を進める場合もありますので、お気軽にご相談くださいね。

Filed under: 北浜:基地 — 阿部理恵 11:43 AM

PAGE TOP