【真嶋一志016】連帯保証人と任意売却

住宅ローンを配偶者や両親を連帯保証人として借入されておられる方もおられる思います。連帯保証人が付いている住宅ローンの支払いできなくなった時どうなるのか解説いたします。

保証人と連帯保証人の違い?

借金をした人の保証をするという立場は同じですが、保証する範囲や借入先からの督促を受ける時期が異なります。以下3点で違いがあります。

①(催告の抗弁権)

借入先がいきなり請求してきた場合「先に主債務者に請求してくれ」ということを保証人はできますが連帯保証人はできません

②(検索の抗弁権)

主債務者に返済資力があるにも関わらず返済しない場合、「主債務者に返済能力があるのだから、先に主債務者の財産を差押えてくれ」ということを保証人はできますが連帯保証人はできません

③(分別の利益)

保証人が複数いる場合、保証する金額を人数分で按分すればいいが、連帯保証人は各自が全額を負担する義務を負っています。

このように保証人より連帯保証人の方が保証する範囲が大きく重い責任を課せられることになります。そのため借入先は住宅ローンを貸出する際は連帯保証人とします。

連帯保証人がいる場合の任意売却

主債務者が確実に住宅ローンを返済していれば連帯保証人には何ら問題はありませんが、主債務者が返済をできなくなった場合すぐに連帯保証人に請求がきます。そのため主債務者の代わりに住宅ローンを返済しなければなりません。返済ができない場合数ヶ月後には期限の利益の喪失となり任意売却もしくは競売となりますが売却後の残債についての支払い義務は主債務者と同様に負うことになります。又、任意売却をするためには主債務者と連帯保証人双方の意思表示が必要でありどちらかが同意しなければそれ以上話をすることができない点で運命共同体と言えます。そして連帯保証人が不動産等の資産を保有している場合は何より注意が必要で任意売却後の残債について借入先が不動産を差押えて競売により回収することができるのです。

連帯保証人がついている住宅ローンの返済に困った方や借入先から督促がきている連帯保証人の方は住宅ローン難民エールプランナーと上記の点を踏まえて慎重に検討しましょう。

Filed under: 尼崎:基地 — 真嶋 一志 10:30 AM

PAGE TOP