【阿部理恵016】連帯保証人と任意売却

住宅ローンを組む際、連帯保証人を付けて借入をされている方は多いです。
連帯保証人が付いている状態で
毎月の住宅ローンの返済が出来なくなった場合はどうなるのでしょうか?
任意売却は可能なのでしょうか?

その答えの前に、保証人と連帯保証人の違いを押さえましょう。

一言で言うと、
連帯保証人は自分がお金を借りたのと同じ責任を負います。
借りてもいないのに借りたのと同じ責任を負うので、
「連帯保証人にはなるな!」と言われているのです。

保証人と連帯保証人は、
主債務者が返済できなくなった際に、
代わりに返済する義務を負いますが、違う点が3点あります。

①金融機関が保証人に対して支払いの請求をしてきた場合
保証人=「先に主債務者に請求してよ!」と主張できます
連帯保証人=そのような主張は出来ず、支払わざるを得ません

②主債務者は返済できるのにしなかったので金融機関が請求をしてきた場合
保証人=「主債務者には返済するお金があるから、主債務者から返済を受けて!」と
     主張することができます
連帯保証人=そのような主張は出来ず、支払わざるを得ません

③保証人が複数いる場合
保証人=頭数で割った金額のみ返済義務あり
連帯保証人=全員がそれぞれ全額を返済する義務あり

このように、連帯保証人は重い責任を負っています。
そのため、資金を融資する金融機関側は、
回収しやすいように、
保証人ではなく連帯保証人にするのです。

債務者の返済が滞ると、
金融機関は容赦なく連帯保証人に返済を請求します。

では、連帯保証人がいる場合、任意売却は可能でしょうか?

結論から言うと、
主債務者と連帯保証人の双方が任意売却に同意すれば可能です。

しかし、任意売却した場合、
連帯保証人は以下の不利益を被ります。

①主債務者とともに連帯保証人も金融機関から督促を受けます。
そうすると、連帯保証人が主債務者の代わりに返済するか、
返済不能なら連帯保証人も住宅ローンを滞納することになるので、
個人信用情報に傷がつきます。

②任意売却後の残債の支払い義務も、主債務者と同様に負います。

そして、その残債を支払えない場合は、
③連帯保証人保有の不動産があれば、
その不動産を差押えられる可能性があります。

以上のデメリットを説明して、
連帯保証人が任意売却の同意をしてくれない場合、
金融機関は競売を申し立ててくることになると思います。

連帯保証人がついているのに住宅ローンの返済に困った方、
主債務者が住宅ローンの返済を滞らせたため
連帯保証人である自分に金融機関からの督促が届いた方は、
どのように進めるのが良いのかを慎重に検討しましょう。

早めにご相談くださいね。

Filed under: 北浜:基地 — 阿部理恵 3:51 PM

PAGE TOP