【萩原祥郎011】任意売却と競売の違いとは

人生のリ・スタート!

それをどう考えるかです、上手く行く人は上手く行く考え方を選択しています。

 

住宅ローンの返済を滞納すると、金融機関から返済を催促され

最終的には自宅を手放すことになってしまいます。

任意売却で売却するのか、何も手を打たずに競売にされてしまうのか、

どちらを選択するか! 経済的にも精神的にも結果は大きく変わってきます。

では、任意売却と競売の違いは!

 

①高値で売却することが出来る

一般的に、競売の場合、自宅は市場価値の60~70%の価格で

落札されてしまいます。 任意売却はあくまでも相場通りの市場価値で

売却するので、その分売却後の残債の圧縮に繋がります。

 

②残債の支払い計画を立てやすい

自宅が競売にされると、金融機関とは何の話し合いをすることもなく

裁判所が機械的に手続きを完了させてしまいます。

その後の残債についても金融機関とやり取りを交わす機会もなく

突然残債の支払いについて改めて通知が届くことになります。

任意売却の場合はその手続きのなかで金融機関に対して、

売却後の残債の支払いについても、支払っていける金額等を事前に

取り決めることになりますので、突然の通知が届いてどうすれば良いか

分からなくなるといったことがありません。

 

③引越し費用を捻出することが可能な場合がある

競売で売却されてしまうと、その売却代金は全額、金融機関への返済に

充てられてしまい、手元に何も残らずに引越しを余儀なくされます。

任意売却では、金融機関によっては売却代金の中から引越費用を

捻出してもらえる場合があります。

 

④プライバシーが守られる

自宅を競売にされたしまった場合、その情報が裁判所の中で公開されます、

これは誰でも閲覧することが可能ですので、自宅に競売の下見などで

業者がうろついたりすることが多くあります。

また、入札期間の3週間程前からはインターネットでも閲覧が可能になり、

自宅の中の写真付きで公開されてしまいます。

任意売却はあくまでも一般の不動産売却として販売活動を行いますので、

周囲に事情を知られることがありません。

 

⑤引越し時期等の調整が可能

競売の場合、裁判所が決めたスケジュールに沿って手続きが進みます。

引越し時期の希望等の意向は一切通りませんので、落札されてしまうと、

落札者から一方的に明け渡しを求められ、引越し費用がなくて、

明け渡すことが出来なかった場合でも、強制執行で強制的に

立ち退かされてしまうケースもあります。

任意売却は売主、買主、債権者等の関係者全員の合意の下で

進める手続きですので、もちろん引越し時期に関して、売主の意向も

常識の範囲であれば通りますので、突然強制的に立退きを求められる

といった心配はありません。

 

⑥リースバックで住み続けることが出来る場合がある

競売は落札されてしまうと落札者の都合で立退きを要求されますが、

任意売却の場合、リースバックとして購入者を募れば、その購入者に対して

家賃を支払い続けることによりそのまま自宅に住み続けることができる

可能性がある場合があります。

 

⑦エールプランナーとともに再出発に向けて進むことが可能です

住宅ローンが支払えずにそのまま放置してしまい、

競売の手続きが開始されても誰に相談して良いのかわからないまま

毎日不安な生活を過ごしている方もまだまだ多くおられます。

この先、生活はどうなってしまうのか目の前のことを考えるのすら恐怖で、

そこから目を背けて自暴自棄になってしまった方も実際におられます。

我々、エールプランナーは一人でも多く住宅ローンで悩んでる方を

無くすということを常に考えています。

上記の①~⑥のようなメリットが任意売却にはありますが、

何よりもエールプランナーと出会っていただき、

今の目の前の問題はもちろん、日々の不安等も気軽に相談していただき、

その後の再出発を切ることが出来るというのが何よりも大切なことです。

 

このように任意売却と競売の違いを見ていきましたが、

住宅ローンに悩んだら、一人で抱え込まずに、

まずは相談するということが重要です。

住宅ローン難民エールプランナーを頼ってください。

 

ひとりで悩まずに、まずはエールプランナーの萩原祥郎に、ご相談ください!

Filed under: 新大阪:基地 — hagiwarayoshi 3:35 PM

PAGE TOP