【萩原祥郎010】税金の滞納で自宅を差し押さえられたとは

人生のリ・スタート!

それをどう考えるかです、上手く行く人は上手く行く考え方を選択しています。

 

住宅ローンの支払いに悩んでいる方は、税金についても併せて

支払いに困っている方がおられます。

実際に相談に来られる方の中にも、税金を滞納してしまっており

自宅を差押えられているケースが多くあります。

では税金の滞納により自宅が差押えられるとどうなってしまうのか

ここで解説いたします。

 

税金滞納から自宅を差押えられるまでの流れ

①税金(固定資産税・都市計画税、住民税、自動車税、国民健康保険料等)

は納付書等に記載されている納付期限までに納めなければ滞納となります。

納付期限は税金の種類や自治体によって異なります。

納付期限を過ぎると延滞税が課税されます。

②納付期限までに納めなければ、郵送で督促状が届きます。

さらに、そのまま税金を納めない状態が続くと、

納税を促すよう催告書が送られてきます。

この催告書は複数回送られる場合があります。

③催告書が届いた後も延滞が続けば、

役所は滞納者の財産を差押えるよう調査に乗り出します。

滞納者の所有している不動産や勤務先、預金のある金融機関等を調査し、

不動産や給料、預金口座の差押の準備を始めます。

④財産の調査が終わると、役所から滞納者に差押予告書が送られます。

これは基本的には税金の納付を促すものですが、

「今後は不動産や給料などの財産を差押えますよ」という内容が明記され

差押予告書が届くことなく財産を差押えられることもあります。

⑤差押えの対象となるのは、預金口座や不動産の場合が多いようです。

差押えにあたっては事前に「差押予告書」が郵送で送られることも

ありますが、文書がないまま差し押さえされることもあります。

⑥差押えられた財産は換金され、税金の回収に充てられるのですが、

不動産が差押えられた場合は、まず登記簿謄本に「差押」の登記が記載され

その後、公売にて強制的に売却されてしまいます。

 

このようにして税金の滞納を解消しないままでいると

給料を差押えられたり、ご自宅を強制的に手放すことになってしまいます。

税金は仮に自己破産をしても納付する義務は残るものです。

そのまま放置するのではなく少しずつでも分納していく等の対応を

する必要があります。また、役所に家を差押えられても任意売却で

解決することは可能です。住宅ローンだけではなく、

税金の支払いが困難になった際も悩まずエールプランナーに相談してください。

 

ひとりで悩まずに、まずはエールプランナーの萩原祥郎に、ご相談ください!

Filed under: 新大阪:基地 — hagiwarayoshi 3:32 PM

PAGE TOP