【阿部理恵014】住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却①

独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から
住宅ローンを借入している方のために、
住宅金融支援機構(以下、機構と表記します)に対して
住宅ローンの返済が滞ってしまった場合の流れを説明します。

住宅ローンの返済滞納

「督促状」等が届く

返済できずに6か月経過=「期限の利益の喪失」

一括返済を求める「催告書」が届く

放置 ※1

競売を申し立てられる

競売

※1 競売が申し立てられる前に「任意売却に関する申出書」※2
を機構へ提出すると、任意売却で自宅を売却できる

※2「任意売却に関する申出書」
「住宅ローンの支払いが出来なくなったので競売ではく、
任意売却で家を売らせてください。
売っても全額返済できないかもしれませんが、
その場合の残債は可能な範囲で支払いますので、
遅延損害金も減額してください。
家に関しては少しでも早く高く売却できるよう
綺麗に保ちます。
任意売却は●●という業者に依頼をしています。」
というような内容の書類で、機構が用意しています。
機構も競売より任意売却を勧めていますので、
機構のホームページからダウンロードできます。

期限の利益の喪失となったタイミングで
機構から「任意売却に関する申出書」が郵送されてきますので、
そのタイミングで記入し提出しても良いでしょう。

「任意売却に関する申出書」を提出すると、
機構の代わりに事務手続きを行うサービサーから
業者に対して不動産の査定をするよう指示があります。

任意売却手続きの依頼を受けた業者は、
必要書面を適時に提出する必要があります。
期限までに提出できなければ、
サービサーから競売の申立てを起こされてしまうこともありますので、
依頼を受けた業者が正確に業務を遂行してくれるのか?
という点も重要になってきます。

続きは②へ。

Filed under: 北浜:基地 — 阿部理恵 9:33 PM

PAGE TOP