【太田光洋004】住宅ローンと破産

  ローン滞納のご相談で任意売却のお話をさせていただく中で、よく質問されるのが
 「やっぱりすぐ破産しないといけないのですか?」という事を言われます。
 疑問に思ったので、「何故ですか?」と聞いてみると、直近で不動産屋や弁護士に、
 「自己破産しかない」と言われたそうです。

 確かに、ローンの滞納をしてしまい自己破産をすれば、住宅ローン返済は無くなり、
 他の借金の返済もなくなるので、精神的に楽にはなります。
 それでも「自己破産だけはしたくない」という方は多く、返済がなくなる解放感よりも
 破産をするということに対する抵抗を感じている方が多いのは事実です。

  本当に破産しなければいけないのでしょうか?。

 任意売却をした、競売になってしまった、どちらにしてもローン残債は残ります。
 そのため破産をすることでローン残債をなくすわけですが、実際は住宅ローンのみの滞納
 の場合や他の借入れが少額な場合は破産をしなくても大丈夫な場合がほとんどです。

  何でなのでしょうか?

 それは任意売却をした後、住宅ローンの残債務の月々の返済ついては、金融機関との話し
 合いにより収入や支出を考えて、無理のない範囲での返済を決定します。
 ですので、月々今までと同じ金額の返済を続ける必要がないのです。
 他の借入れの返済なども含め、毎月頑張ってこの金額までなら払えるという事を伝え、納得
 してもらえるのです。

 これなら必ず自己破産をしなくても、充分生活していけるわけです。

 住宅ローン難民の方の中でも、破産がネックでご相談にさえ踏み出せないという方が非常に
 多いのも事実です。

Filed under: 住宅ローン難民 — 光洋太田 4:24 PM

PAGE TOP