【太田光洋002】住宅ローンを滞納する原因

住宅ローンを組むことはそれほど難しくなく、賃貸で家賃を払いつづけるなら、将来のことを考え月々同じくらいの支払いで住宅ローンを組んで家を購入しよう・・・理由はいろいろあるにせよ家をローンで購入する人は後を絶ちません。
現在、住宅ローンを組んでいる人は1200万人いるといわれているのですが、なんとそのうち180万人もの人が住宅ローンを滞納しているか、あるいは滞納するかもしれないという住宅ローン難民になっているという事実があります。
180万人の方の住宅ローンが滞納した理由の大半が以下のようなことです。
1.離婚により支払えなくなった。
2.多重債務に陥り、支払えなくなった。
3.会社の業績悪化で給与が減って払えなくなった。
4.病気で仕事ができなくなった。
5. リストラで収入が途絶えた。
など。。
数年前までは景気低迷で、リストラが原因という住宅ローン払えなくなったという方が多かったのですが、
このごろは景気の回復のおかげか、今は離婚が原因という住宅ローン難民が大幅に増えてきました。
このように、予定通りであれば住宅ローン完済ができる計画が、離婚やリストラなど、予期しなかったことが起きて、止む無く滞納・・・ということになってしまった
ということなんです。
つまり、だれにでも、いつでも住宅ローン難民になる可能性はあるということなんです。

Filed under: 住宅ローン難民,北梅田:基地 — 光洋太田 3:28 PM

PAGE TOP