任意売却のデメリットは?

住宅ローン難民の方に任意売却をご説明するに当たり、メリットは勿論、デメリットについてもご説明しなければなりません。以下4点について述べさせて頂きます。

その第一としまして、個人信用情報に傷がつくということです。どいうことかと言いますと、任意売却を進める過程で住宅ローンの滞納が伴いますので、そのことのより個人信用情報機関に延滞の記録が記録されてしまいます。いわゆる「ブラックリストに載る」と言われる状態で、その後5~7年は新規のローンの借入やクレジットカードの作成、使用ができなくなります。

第二のデメリットですが、任意売却を進める過程で競売の手続きに移る可能性があるということです。

任意売却では、住宅の販売価格は最終的に債権者(金融機関やサービサー)が決定します。その価格が市場価格とあまりにもかけ離れていた場合、売却できないということもあります。そこで販売開始から一定期間(3~6ケ月)が経過しても売れなければ、競売の申し立てを始めてしまいます。さらに入札が開始されるまでに4~6ケ月程度ありますからその間も販売活動を並行していけますが、それでも売却ができなければ競売で処分されてしまう可能性もあります。ですから住宅ローン難民エールプランナーは、債権者と適正な販売価格の交渉をしながら、住宅ローン難民の方と連携して販売活動をしていかなければなりません。

第三のデメリットですが、利害関係者全員の同意がなければ任意売却はできないということです。

どいうことかと言いますと、自宅の所有名義が複数人の場合や、連帯債務者や連帯保証人がいる場合など、利害関係人が複数いて、このうちの誰か一人でも同意が得られないと任意売却の話を進められないということです。その他にも任意売却を進めるにあたって住宅ローン難民の方には様々な事情がありますが、住宅ローン以外にも借入が複数あってそれぞれの抵当権が自宅に設定されていたり、税金の滞納で自宅を役所から差し押さえられていたり等が考えられます。

そして最後のでデメリットは、任意売却は競売に比べて高い金額で売却することが可能ですが、住宅ローンの残債についての支払い義務は残るということです。これは、自己破産をしない限り残ります。それでも今まで支払ってきた住宅ローンの金額を要求されるわけではなく、月々の生活費を除いて支払いが可能な金額を支払っていくことになります。この様に任意売却は自宅が売却できたら終わりというわけではありませんので、その後も住宅ローン難民エールプランナーは、残債の支払いや転居先についての相談等、住宅ローン難民の方のフォローも行っています。

以上、任意売却には幾つかのデメリットありますが、競売になってしまった際にも伴うものですので、やはり任意売却を選択される方がはるかに多いことは周知の事実です。

そして何よりのメリットは、誰にも相談できず自宅が競売になるかもしれないという精神的苦痛から解放されるということです。このことだけでも任意売却を選択するする意義は十分にあります。

まずは、是非住宅ローン難民エールプランナーにご相談下さい。

 

Filed under: 東御:基地 — 島川隆 6:37 PM

PAGE TOP