【太田 光洋001】任意売却のデメリットは?

任意売却は競売とは違い一般の相場と同等の価格で物件を売却することが出来たり、引越し費用を残せる場合もあったりとメリットは数多いです。
一方でデメリットについても知っておいて頂きたいのでご紹介致します。
競売でも同じことが言えますので、家を手放さなければならない状況になってしまったのであれば、任意売却を選択されるほうが正しいと言えます。

1.   個人信用情報に傷がつく
売却を進めるうえでは住宅ローンの滞納が伴い、個人信用情報機関に延滞の履歴が記録されてしまいます。それによって「ブラックリスト」に載ってしまいます。
その後の5~7年間はローンの借入は不可、クレジットカードも作れないためしばらくは現金での生活となります。

2.   競売になってしまう可能性がある
任意売却でも、最終的に家の販売価格を決定するのは債権者(金融機関等)です。
債権者が決定した販売価格が市場価値とあまりにも乖離していた場合、売れないということももちろんあり得ます。
どの債権者も販売開始から一定期間(3~6か月)が経過しても売れない場合は”競売”の申し立てを始めてまいます。
競売の申し立てを起こされてから実際に入札期間が開始されるまでも、さらに4~6か月程度の期間を要するので、その間も並行して引き続き販売活動はできますが、それでも購入希望者が見つからなかった場合は、自宅が競売で処分されてしまう可能性があるということです。
もちろん、こうはならないように住宅ローン難民エールプランナーは債権者と適正な販売価格についての交渉を行うとともに、住宅ローン難民の方と共に協力しながら販売活動を進めます。

3.   利害関係者全員の同意が必要
任意売却を進めるにあたって、同意が必要になる場合を以下で説明致します。
・ローンの借入先が複数ありそれぞれの抵当権が自宅に設定されている。
・税金の滞納があり自宅を役所から差し押さえられている場合。
・自宅の所有名義が数人で共有している場合。
・連帯債務者や連帯保証人がいる場合。
利害関係人が複数いると、このうちのどれか一つでも任意売却の同意が得られなければそれ以上任意売却の話を前に進めることはできなくなります。

4.   任意売却後も支払い義務が残る
競売に比べ高い金額で売却することができますので、債権者に多く返済することができます。それでも住宅ローンの残債が残ってしまった場合、その残債についての支払い義務は自己破産をしない限り残ります。
しかし残債については今まで支払ってきた住宅ローンの金額を要求されるというわけではなく、債権者に対して今後、月々支払いが可能な金額を伝えていただき債権者がその金額について納得したら毎月支払っていくということになります。

任意売却で自宅が売れたら全て終了というわけではありません。
任意売却後も住宅ローン難民エールプランナーは残債の支払いについての相談など住宅ローン難民の方のフォローを必ず行ってまいります。

悩まずに住宅ローン難民エールプランナーに相談してください。

Filed under: 住宅ローン難民,北梅田:基地 — 光洋太田 3:43 PM

PAGE TOP