【青木 002】住宅ローンを滞納する原因

いま、住宅ローンを組んでいる人は1200万人いると言われており、
そのうち180万人もの人が住宅ローンを滞納しているか、あるいは滞納するかもしれないという状況です。
では、どういう理由で住宅ローンの滞納に至り住宅ローン難民となってしまうのでしょうか。

1.離婚により世帯収入が減る
2.多重債務になってしまう
3.会社の業績悪化で給与が減る
4.病気や事故で仕事ができなくなる
5.リストラ
などです。

多くの人が夢のある人生のプランを計画します。
結婚して子どもができればマイホームを購入することを考えます。
そしてマイホームで子どもを育て、そのうちもっと大きな家に買い替えよう・・・というように。

ただ、誰もが人生設計通りに生きることが出来ればいいのですが、離婚やリストラ、その他様々な社会情勢の変化で
予期しない事態に陥って仕方なく住宅ローン滞納という結果になってしまいます。

以前はリストラにより住宅ローンの支払いが困難になる方が多かったのですが、
最近では景気回復の影響もあり、離婚が原因で住宅ローン難民となるケースが多くなりました。

つまり、住宅ローンの支払いが困難になり住宅ローン難民になる可能性は誰にでもあるということです。

Filed under: 中野:基地 — 青木 1:28 AM

【青木 001】任意売却のデメリットは?

任意売却にはメリットがあります。
・競売よりも高値で売却しやすい
・引っ越し費用を残せる可能性がある
などです。

一方で任意売却にはデメリットもあります。今日は任意売却のデメリットについてお話します。とはいえ、これらのデメリットは競売の場合も同じです。つまり任意売却を選択した方が競売よりもメリットは多いのです。

『個人信用情報に傷がつく』
任意売却を行うためには住宅ローンの滞納を必ず伴います。その滞納の履歴は個人信用情報機関にも伝わります。
そして、「ブラックリストに載る」と言われる状態となり、5~7年間は次のことができなります。・新たなローンの借入ができない
・クレジットカードの作成ができない
・既に所有しているクレジットカードを使用できない

 

『競売になってしまう可能性がある』
任意売却を行おうとしても売れないというケースがあります。ご自宅の販売価格の決定権は最終的に債権者(金融機関やサービサー)にあります。債権者により決定された販売価格が市場価値と乖離する場合に売れなくなる傾向にあります。そして、販売開始から一定期間(3~6か月)が経過すると、債権者は競売の申し立てを始めてしまいます。さらに競売の申し立てから実際に入札期間が開始されるまでに4~6か月程度の期間がかかり、(その間も並行して引き続き任意売却の販売活動ができる)それでも購入希望者が見つからなかった場合は競売で売却されてしまう可能性があります。

そこで、住宅ローン難民エールプランナーは適正な販売価格で任意売却できるよう債権者と交渉します。
また、販売活動も住宅ローン難民の方と共に協力しながら進めますのでご安心ください。

 

『利害関係者全員の同意が必要』
任意売却を進めるにあたり、利害関係人が複数いるケースがあります。
・ローンの借入先が複数あることで、ご自宅にそれぞれの抵当権が設定されている
・税金の滞納があり自宅を役所から差し押さえられている
・自宅の所有名義が数人で共有されている
・連帯債務者や連帯保証人がいる
このうちのどれか一つでも任意売却の同意が得られなければ、任意売却をそれ以上進めることはできなくなります。つまり全ての関係者の同意が必要になるということです。

『任意売却後も支払い義務が残る』
任意売却に成功すれば競売よりも高額で売却して債権者に返済できる金額も多くなります。ただし、それでも住宅ローンの残債が残ってしまうことが普通です。その残債についての支払い義務は自己破産をしない限り残ります。残債の返済は月々支払いが可能な金額を債権者に伝え、債権者がその金額について納得したら支払いを毎月行っていくことになります。つまり、今まで支払ってきた月々の住宅ローンの金額を要求されるわけではないのです。このように任意売却で自宅が売れても全て終了というわけではありません。

任意売却後も残債の支払いについての相談など住宅ローン難民エールプランナーがフォローしていきますのでご安心ください。

どうしてもデメリットもありますが、競売からくる精神的な負担を軽減するためにも任意売却を選択する意味は大きいです。是非、早めにご相談ください。

Filed under: 中野:基地 — 青木 1:31 AM

PAGE TOP