【鳥井保歩001】ブラックリストって何!?

任意売却のデメリットって何でしょう。

 

まず、個人信用情報に傷がつくことです。これは競売も同じです。住宅ローンを滞納したりすると、個人信用情報機関にその履歴が記録されます。これがいわゆる「ブラックリストに載る」と言われている状態です。そうなると、5年~7年は新たにローンの借り入れができない、クレジットカードを使えない、ということになります。

 

次は任意売却がうまくいかず、競売になる可能性があるということです。任意売却では家の販売価格は最終的に債権者(金融機関やサービサー)が決定します。この価格が市場価格とかけ離れていたりすると、家は売れません。販売開始から一定期間(3~6ヶ月)経っても売れなければ、債権者は競売の申し立てを行います。競売の申し立てから入札までの期間(4~6ヶ月)も販売活動はできますが、その期間に売却ができなければ競売で処分されてしまいます。

 

3つ目のデメリットは利害関係者全員の同意が必要だということです。利害関係者とは、

  • 自宅が共同名義になっていた場合には共同名義者
  • 住宅ローン以外に借り入れがあって自宅に抵当権が設定されている場合にはその抵当権者
  • 連帯債務者、連帯保証人
  • 税金の滞納で自宅を差し押さえられている場合にはその役所

 

などです。これらの人々の全員の同意が必要なのです。

 

最後は、住宅ローンの残債について支払い義務が残るということです。競売に比べて高い金額で売却できても、すべてを払いきれない場合が多いのです。これは、自己破産しない限り残ります。しかし、住宅ローンと同じ金額を支払う必要はなく、月々の収入の中から払える金額を払っていくということになります。

 

このように任意売却は、自宅が売れたらすべて終わりというわけではありません。だから、住宅ローン難民エールプランナーは、残債の支払いや転居先の相談など、住宅ローン難民の方のフォローを行っているのです。

Filed under: 船橋北:基地 — 船橋鳥井 1:43 PM

PAGE TOP